デリヘル情報配信!

デリヘル情報配信 エクセルシオール

風俗の裏情報・パネマジを見抜く方法とは?

パネマジを見抜く裏情報

風俗店を利用する際、気をつけなければいけないのがパネマジ(パネルマジック)です。
写真と比べると実物のほうが劣化している、といったワナに引っかからないためにも
パネマジか否か見抜く裏情報を見につけておきましょう。
パネマジ被害を抑える方法の一つに、不自然な体型になっていないかどうかをチェックする、というのが挙げられます。
多くの風俗店では、プロフィール欄に記載されたスリーサイズに合わせるため
おなか周りや二の腕、さらには太ももなどを画像処理ソフトで細く加工するためです。
顔の大きさと比べ、体全体のバランスが崩れているようなら、パネマジの可能性が大きいといえるでしょう。

また、写真が妙に荒く撮られている場合、数年前に撮影されたものを使用している可能性があります。
実物と10歳以上離れた写真を使っているため、実際に対面した時のがっかり度も大きなものです。
さらに、プロフィール画像の枚数が1枚しか掲載されていない場合も注意しましょう。
これは、実際に在籍していない、もしくはすでに辞めてしまっている女の子の画像を使っている可能性があるためです。
出勤人数は多いものの、どれも画像が1枚ずつしかない、そんなお店には気をつけましょう。

背景に違和感がないか

パネルマジックによって写真が加工されている場合、後ろの背景にも違和感が生じます。
例えば、ベッドの上で撮影された写真の場合、枕や布団のサイズなどが極端に大きいもしくは小さくなっている、なんてことも少なくありません。
これは、女の子の顔や体型を小さくしようとした手前、後ろの背景まで一緒に加工してしまうためです。
まるで時空を歪められたような状況ともいわれているため、見慣れた人からするとすぐに見抜ける部分といえるでしょう。
また、違法デリヘル店の場合、在籍していない女の子の写真を掲載している場合があります。
この場合、他の写真と比べて撮影の仕方や背景が違う、などの違和感があるので、風俗の裏情報として覚えておきましょう。

顔のパーツだけを切り抜いている場合

顔の一部をパーツとして切り抜いている写真にも注意が必要です。
例えば目元部分。
パソコンを使わなくても、スマートフォンの画像処理アプリだけで簡単に加工できるため、多くの風俗店で利用されています。
特に個人撮影風の写真ほど、巧妙に加工されているといえるでしょう。
口元一つを隠すだけで女性の顔は実物と全く違って見えます。
そのため、お店が運営しているSNSに掲載された写真についても、ある程度美化された形で使われていることも、裏情報として覚えておきましょう。

当サイトについて

デリヘル好きのあなたのお役に立つデリヘル情報を更新中!

当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。

カテゴリー

最新コラム